三木ライオンズクラブ2019年度スローガン

 三木ライオンズクラブ内規、第1章第1条を改めて見直して見ると、地域社会の生活、福祉、公徳心の向上に積極的に関心を示す。

と書かれています。社会にてそれぞれに公器として活躍されている会員皆様の事業所と同じように、我が三木ライオンズクラブも、

これまで同様に会員相互の理解を深めながら、社会の公器として積極的に関心を示していきたいと思います。

スローガンの「中庸の徳」は古代中国の思想家の孔子の言葉です。意味は、偏る事のない道を進むことが最高の徳であると言うことです。

例えば、「極端に多すぎることは、少なすぎるのと同じくらいに良くない」と言う事でもあります。三木ライオンズクラブが社会の公器

として中庸の徳を日々実践出来るように取り組んでいきたいと考えます。