ごあいさつ

2017年度会長 岩崎 吉男

 

 

一日一善

 

 

今年度の三木ライオンズクラブのスローガンです。

何と簡単なスローガンだ。

皆さん、そう思われたのではないでしょうか。

「一日一善」、文字で表せば簡単です。

でも、毎日実行されている方は少ないと思います。

今日できなくても明日やればいいや。

ついそう思ってしまうからです。

私たちライオンズクラブの世界共通のモットーは 「我々は奉仕する(We Serve)」です。

奉仕なんて、カネと暇があるやつだけがやることだ。

過去には、そう思われていたこともありました。

でも本当にそうでしょうか?

もし、道を歩いていて、風で飛ばされて木の枝に掛かった帽子を取れずに困っている小さな子どもがいたとき、カネがなくても、暇がなくても、助けてあげることくらいはできるはずですね。

そこで、今年はライオンズクラブのモットーをより具体的にして、

「一日一善」

としました。

実行したかどうかを、毎日眠りにつくときに確かめるために。

今年結成55周年を迎える私たち三木ライオンズクラブのメンバーは、今できる目の前のことを一つ一つ実行してまいりますので、皆様には、どうかご協力いただきますようお願いいたします。

「まっとうな生き方の尊さ」

       2016年度会長 八田 宗晃

 

東日本大震災のあった5年前、当時日本中が不安一色でした。そのような中「未来への提   言」という番組があり、そこである方に教えて頂きました。

「嘘をついたらあかんで、間違ったことをしたら認めて謝らなあかん。」この(誰しもがそうであるかもしれませんが)幼少期に父親に最初に教えてもらったこと、これが「まっとうな生き方」であり、実行している方は誰であれ「尊く」、これこそが未来を築くために不可欠な姿勢であることを。

あれから5年経ち、「今だけ、自分だけ、金だけ」の風潮が強まり様々な分野の劣化を感じるにつけ、「嘘はいけない。過ちは認め謝る。」これが最も大切だと改めてつくづく実感しています。今日の姿勢・取り組みが明日の姿になります。先行きは混沌とする現状ですが、求められる方向は地域主体自立社会だと考えます。私たちは「まっとうな生き方の尊さ」をその姿勢として、三木の地で地域主体自立社会が実現できる一助になれるよう取り組んでいきます。

どうぞ、ご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

就任あいさつ              IMG_0148

2015年度会長  戸田 宣治

 

「感謝、報恩の心を基に」

 

三木ライオンズクラブは、先輩諸兄のご尽力、ご努力のお陰をもちまして、創立54年を迎えることとなりました。

この度、伝統あるクラブの54代目の会長にご指名頂き、その重責に身が引き締まる思いです。光栄ある立場にご推薦頂きこれからの人生の大きな励み、成長になることに感謝申し上げます。受けさせて頂いた限りは迎える一年を先輩諸兄の熱い思いを次の世代へ繋ぎ、会員相互の親交を更に深め会員の皆様の有意義な人生の1ページになります様に努力、邁進していきたいと思います。

 

私達が人生を送る事が出来るのは、周りの支えと自身の強い思いが有るからと思います。些細なことでも周りのお陰と感謝し、その気持ち思いを周りの方々にお返し、伝えていくこの気持ちが人として大切なことと思い、スローガンを「感謝、報恩の心を基に」にしました。本当に無知、未熟な者ですが先輩の方々、会員の皆様の暖かいご指導、ご理解、ご協力を賜りこのスローガンを基に 奉仕の心で一歩一歩前に進んで行きたいと思います。

 

迎える一年を何卒宜しくお願い申し上げ就任の挨拶とさせて頂きます。

 

 

就任のごあいさつ

藤本さん

2014年度会長  藤本 守

私たち三木ライオンズクラブは昭和37年の結成以来、地域の皆様のおかげ

で奉仕活動を続けさせて頂き、且つ先輩諸兄の功績を引継ぎながら今日に

至っております。

日頃の活動に対する御理解と御協力を心より感謝申し上げます。

三木ライオンズクラブの今年のスローガンは、皆様と「時間を共有す

る。」「出会いを大切にしたい。」「後悔はしない。」を明確にする熱い意味を込めまして、

「今を生きる !! 」とさせて頂きました。

また、三木ライオンズクラブのアクティビティにおいても、多くの奉仕活動を実施しておりま

す。この小さな奉仕のつぼみが少しでも大きな花を咲かせることが出来るように、クラブメン

バーの皆様と力を併せて取り組んで参りたいと考えております。

私はいまだ未熟者ではありますが、今日まで様々な奉仕活動を通じ、人生の醍醐味を味わったこ

とにより、人間性を向上させて頂きました。

感謝しております。

今後も、三木ライオンズクラブは、「我々は奉仕する」の精神を基本とした活動を展開して参ります。

どうか、地域の皆様方の一層の御指導と御協力を賜りますことをお願い申し上げまして簡単、粗辞ではございますが御挨拶とさせて頂きます。

--------------------------------------

 

2014年度 335-D地区3R  GLT委員   八木豊澄

2014年度 幹事    三木正義 

2014年度 会計    清水欣也

 

--------------------------------------

 

就任のごあいさつ

IMG_0121  2013年度会長  岸井久幸

 夏の暑さと共にライオンズ年度(毎年7月1日~6月30日)が始まり、会長という大役をお受けし、身の引き締まる思いの今日この頃です。

 さて、昨年度、三木ライオンズクラブは結成50周年を迎え、一つの区切りをつけることができました。

 そこで、今年は「新たな旅立ち・地道な奉仕」をクラブスローガンとして、新たな世紀に向けた第一歩にしたいと思います。

 世の中の動きが非常に速く、ついて行くのが大変な時代ですが、奉仕の精神はいつの世の中であっても変わらぬ大切な心のひとつです。

 三木ライオンズクラブの魅力をどう引き出すかは、常に考えていかなければならない課題ですが、会員の皆さん方の意見を聞きながら方向性を決めていきたいと思っています。

 さて、今年度は昨年と比べ3点ほど変更しています。

 まず、第1点目はセコハンブックフェアーの復活です。昨年は50周年記念事業がありましたので休んでいましたが、今年は従来どおり金物祭りと同時開催を予定しています。

 2点目は理事会の日程並びに開催場所の変更です。理事会の日程については従来、夜間に三木市教育センターにおいて開催していましたが、今年は原則として第1例会日終了後にともえ会館において行います。

 さらに、3点目は今年度から事務局員が交代し、本格的に再スタートの年になりますので、会員の皆さん方の暖かいご支援とご協力をどうかよろしくお願いいたします。

--------------------------------------

IMG_0126  2013年度幹事  八田宗晃

 三木ライオンズクラブ創立50周年の昨年度は会計を仰せつかりました。そして新たなスタートとなった本年度、幹事の要職を務めさせていただくこととなりました。クラブ活動に思いが行きます。現在社会で何が大切で求められているのか?

 世界を席巻してきたグローバリズムの弊害により、どの地域も「シャッター街」に象徴されるように個性と活性を失った「顔なし」状態の街となっているように感じます。いかに顔の見える身近な関係を豊かなものにしていけるかが鍵になっているよう思えます。本年度三木ライオンズクラブのクラブスローガンは「新たな旅立ち・地道な奉仕」ですが、まさに地に足の着いた具体的で顔の見える関係の中での活動内容が問われているよう感じます。具体的なこの地域の活性へ向けての地道な活動、そしてより一層の会員間の信頼と連携の強化に微力ながらもお役に立てればと考えています。

 よろしくお願いいたします。

--------------------------------------

IMG_0110  2013年度会計  岩崎吉男

 昨年度は、三木ライオンズクラブ結成50周年という素晴らしい年に幹事を務めさせていただきました。クラブの先輩が「幹事をするとクラブ全体が全部分かるようになる」と言われていたように、皆様のご協力の下、この1年で多くのことを学ばせていただきました。ありがとうございました。

 さて、本年度は会計を仰せつかりました。クラブ必携によりますと、「会計は、幹事その他からすべての金銭を受け取り、財務委員会から推薦され、理事会によって承認された銀行に預金し、収入と支出の全般的な記録を保管する」と、その任務が書かれています。要は「金銭管理を責任持ってきちっとしなさい」ということです。

 クラブ財政も厳しい最中、しっかりと身を引き締めると共に、財布の紐も引き締めて責務を果たしたいと考えております。

 未熟者ではありますが、一生懸命務めさせていただきますので、皆様ご協力をよろしくお願いいたします。

就任のごあいさつ

IMG_0132  2012年度会長  八木豊澄

 今流行の絆という言葉、三木ライオンズクラブメンバーは半世紀の間、例会が始まると同時に国家と共に心の拠り所としてクラブ歌の一番を成す絆を朗々と謳ってきました。メンバーが共に集い力を合わせ微力ながら日々精進し、より良い郷土を創造する為に努めてまいりました。

 メンバー同士絆を確かめ合い、今年50年を迎えます。多くの先人達が去来される中、伝統が生まれ育まれ、今日のこの日を迎えるに至りました。

 私共はこの先の50年を見据え、郷土の暮らしに潤いを感じ、楽しさや優しさを求め、今何をするべきかをこの地に身を置いて体感し、メンバー間で協議し、次の事業を考えながら進んでゆきたいと思います。各々強い絆で奉仕し、友情を共有し、頑張って参ります。歌詞にある「自由信頼叡智の絆切っちゃならないいつまでも」と。

-------------------------------------

IMG_0123  2012年度335-D地区3RGMT委員  福本昌敏

 この度、思いもよらなかったキャビネット構成員を受けることとなり、その責務の重要性を痛感しながら、先輩諸氏のアドバイスを頂き、ガバナーの運営方針に沿って、忠実に実践できればと思っています。

 執行する委員会は、GMT(グローバル会員増強チーム)委員会ですが、内容は退会防止と、会員増強という事ですので、ライオンズの原点をしっかり見つめて明るく前向きに職務に努めたいと思います。

 皆様の暖かいご支援とご指導を重ねてお願い申し上げます。

-------------------------------------

IMG_0110  2012年度幹事  岩崎吉男

 素晴らしい伝統と歴史を誇る三木ライオンズクラブの結成50周年という節目の年に、若輩者が幹事を拝命いたしました。入会してまだ3年と9ヶ月、本当に大丈夫なのか、周囲の心配を尻目にこの日がとうとうやってきました。果たして幹事とは何者かと、ライオンズ必携で調べてみると、漢字で書けば「幹事」、英語で書けば「secretary」で、会長および理事会の指揮監督のもとに・・・とありました。

 今期の八木会長が掲げられたクラブスローガンは「“RASHISA”~太い絆で未来(さき)へ」です。微力ではありますが、会長、理事会のご指示の下、三木ライオンズクラブらしさを大切にしながら、新しい事業の芽を育てることへのお手伝いをさせていただきたいと考えております。

 未熟者ではありますが、一生懸命務めさせていただきますので、皆様ご協力をよろしくお願いいたします。

-------------------------------------

IMG_0126  2012年度会計  八田宗晃

 本年、三木ライオンズクラブは結成50周年の節目の年を迎えました。この節目の年に会計という要職を仰せつかり身の引き締まる思いにあります。

 現在世界は、資本主義経済そのものが大きくきしみ声をあげ、大変動の渦の中に巻き込まれています。ここで大切なのは足元をしっかり固めることであり、各地域がそれぞれ活性化自立化していくことが重要になってきています。

 そして、その要は顔の見える具体的な人間同士のつながり、信頼関係にあります。そういう意味で、結成以来、地域社会と密接して活動を続けてきた三木ライオンズクラブの真価が問われているようにも感じます。

 三木ライオンズクラブが、八木会長もと、少しでも有益有効な活動が展開できるよう微力ながら尽力させていただく所存であります。

                就任のごあいさつ

2011年度会長  岩﨑悦男

会長 岩﨑悦男

 この度、選考委員会より会長の指名を受け大役を引き受ける
ことになりました。3月には東日本大震災、福島第一原発事故等大変な時に大役を引き受け責任を感じております。

 厳しい経済状況の中にありますが前期末十数名のメンバーが退会されました。本年度は会員の減少により委員会構成の見直しをされ、5委員会に編成されました。各委員会は事業計画の見直し等を行い引き継がれてきた奉仕への伝統、多くの実績を大切にしながら、半世紀に近い歴史と伝統を誇る当クラブの発展に寄与致したいと思いますが、重き荷を背にしたような気持ちで一杯です。

 これからの一年間、真心をこめて、精一杯努めて参りますので、会員皆様の暖かいご指導とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

           ————————————————————————-

2011年度335-D地区3R PR・ライオンズ情報・IT委員  稲葉満穂

地区委員 2011年7月~2012年6月までキャビネット3R・ライオンズ情報・IT委員をおおせつかりました、三木ライオンズクラブ所属 稲葉満穂で御座います。

 丁度10年前の木南ガバナーの時に3R・ライオンズ情報委員として出向致しました。丁度その年から次年度に向けてIT委員会が出来る方向で、マンスリーやアクト写真がメールで送れる様にする講習に行きました。

 10年経ってまた同じ委員に就任する事に成りましたが、10年前でしたらライオンの情報はライオン誌、335D地区のふれあい誌でしかわかりませんでした。それが今ではインターネットで世界の情報が瞬時に分かります。

 ネットで見るのは簡単なのですが、それをサイトに投稿する作業が大変だと思います。日進月歩でネットの業界は進んでおり、ついて行くのが大変ですが、チャレンジ精神で各ライオンズクラブのアクトを紹介してまいりたいと思います。

           ————————————————————————-

2011年度幹事  戸田宣治

幹事 戸田宣治

 2011年度幹事にとご指名頂きましたが、入会2年足らずの私に幹事という大役が当たるとこは全く想像もしていませんでした。過ぎ去ったこの1年を通じてライオンズクラブの奉仕の心が少しずつ理解でき始めたところです。

 この様な私が幹事という重責を本当に担っていけるのかと自問自答しています。自分の過ぎ去った人生を考えてみた時、いろんな所でいろんな人々にお世話になって今の自分が在ると思うと、これからも自分でできる範囲の恩返しはしていきたいと思います。

 先輩の方々をはじめ周りの方々のお力添えを頂いて、これからの一年間会長岩﨑さんのもと、会員一丸となり三木ライオンズクラブ岩﨑丸が堂々と船出できます様、微力ながらも頑張っていきたいと腹を決めましたので、より一層のご指導ご協力をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

           ————————————————————————

2011年度 会計 矢間 弘

会計 矢間 弘

 この度会計の指名をいただきました。三木ライオンズクラブは本年度49周年を迎え、次の50周年を控えた準備年度となり、重要な一年になります。

 岩﨑会長並びに各役員、理事の皆様のご指導のもと明瞭で正確な会計処理に務めて参りたく思っております。

 この一年が三木ライオンズクラブの飛躍の年になるよう微力ながら努力させていただきます。会員の皆様のご協力をお願い致します。